世の中の人を支えている様々な職業の知識を得る

マネキンの利点

マネキンの役割と派遣事業について

マネキンというとショーウィンドウなどに飾られる等身大の人形のことを想像する人も多いと思いますが、本来のマネキンは、プロの販売員を指す言葉です。マネキンはスーパーや百貨店、量販店などで商品を推奨販売する仕事をしている人です。 その業種はさまざまで、例えば服飾や雑貨販売のほか、試食、実演販売などがあります。日本では試食や実演販売の需要が高く、特に派遣によって営業活動をしている姿がよく見受けられます。特にマネキンの派遣が多いのは新商品が発売されたさいにメーカーが大々的にそれを知ってもらうために行うためによく行われます。そのため、マネキンは販売を促進するだけでなく宣伝広告を行うといった役割も担っています。

マネキンをするメリットとデメリットについて

マネキンは、基本的に資格は必要なく誰でも行うことができますが、食品関係であればフードコーディネーターなどの資格があると、その知識を活かして営業活動を行えるメリットがあります。マネキンの多くは、派遣によって行われるのが一般的で、専門の人材紹介や派遣会社に登録することになります。 ただし、就業の形としては、極めて自由で1日単位から選ぶことが可能です。また派遣の場合には賃金は派遣会社から支払われることになりますが、紹介の場合にはその紹介先と直接雇用を結ぶことになります。勤務時間としては9時から18時といった時間帯が中心ですが、曜日に関しては土日祝日といった多くの人が訪れる曜日の方が仕事量が多くなる傾向にあります。 マネキンはローカルながらも着実に顧客に商品を紹介できる方法であるため、今後も増えていくと予測されます。