世の中の人を支えている様々な職業の知識を得る

取り組みや特徴

タクシードライバーを味方にする

お酒を外で飲んだ帰りや、遠出の旅行の時など、車は持っているのに、たまに使ったりするのがタクシーです。タクシードライバーという職業は歩合もあるらしく、日に何人乗せて、何キロメートル走ったかでお給料が変わったりするそうです。なので、ある程度タクシーを利用する方は、自分のお得意さんみたいにタクシードライバーを指名することで融通を聞かせてもらうこともできるかもしれません。急ぎの時なども近くにいればすぐ駆けつけてくれるかもしれません。何せ、ドライバーの方にとっても時間があるときに指名が入れば、その分そのドライバーにとってもお金に直結することになるのですから、お互いに利益を生む関係が生じるわけです。もし、タクシーを使用する際には、そのことを頭の片隅にでも置いておけば、後々助かるかもしれません。

タクシーの現在の取り組みなど

タクシーの会社は法人、個人経営、車屋さんの系列など、様々な体系があります。そこで、タクシー会社にとっては、いかにお客様の心を掴むかがポイントになってきます。タクシーはある意味、接客業ですからお客様に満足していただくためのサービスや車内の雰囲気作りなどに力を入れています。その他にも、初乗り運賃の値下げなど、他の会社との差別を図るなどをして、競争に打ち勝とうとしています。タクシードライバーの方々も笑顔やしゃべり方を注意しているそうです。あとは、道筋や信号のタイミングなど細かい部分に関しても出来るだけ記憶し、その時間時間の判断で、お客様を快適に送り届ける工夫をしています。タクシードライバーという職業は緻密な計算も考慮して仕事をしている職業なのです。